スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災級の地震に耐える家を建てる。

住宅の神様です。

日本建築学会の
地震緊急調査報告会がありました。

残念ながら報告会にはいけなかったけれど報道によると、

1 津波の来ない高台に建っていたものは被害なし。

2 鉄筋コンクリート造は被害が少ない。

3 地震には弱いと言われていたピロティー形式の建物は津波に強い。

4 木造住宅は基礎だけ残し、上屋は流失されたものが多い。

5 昭和56年6月1日以降着手の新耐震基準で建てられたもの
旧耐震基準で建てられたけれど補強されたものは地震による被害が少なかった。

6 宮城県沖地震でもった建物も今回、倒壊した。

です。

今後、耐震基準が変更されることもありますが、
概ね、現行法でも問題が少ないと言えると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
BTパートナー
プロフィール

住宅の神様

Author:住宅の神様
1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格、土地家屋調査士資格、宅地建物取引主任資格者
が、貴方を笑顔で幸せの住宅に導きます。

リンク
まぐまぐの登録はこちら
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
14196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
461位
アクセスランキングを見る>>
ステップメールはこちら
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
アクセスアップはこちら
a href="http://123direct.info/tracking/af/246786/zHrhyMcx/" target="_blank">
行政書士、宅建、司法書士、土地家屋調査士
div style="width:150px;">
メルマガ購読・解除
 
建築基準法、超簡単入門
ツイッター・ビジネス活用セミナー
スピードリスニングはこちら
ツイッター
ツイッター
司法書士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。