スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物の耐用年数は?

昨日、読者から、事務所の耐用年数について聞かれましたのでお答えします。

事務所の耐用年数は50年と聞いたのですが本当ですか?というものです。

50年とは
法定耐用年数です。
これは、会計上の減価償却費を計算するために財務省令で定められたもので、
資産の種類、構造、用途によって異なります。

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造や鉄筋コンクリート(RC)造の建物の耐用
年数は、
998年以降に建てられたものは住宅で47年、
>事務所で50年となります(「SRC造やRC造の住宅=マンション」と考えてくださ
い)。


ただし、あくまでも「耐用年数=寿命」ではありません。
>http://allabout.co.jp/r_house/gc/31521/2/
>
>財務省令
>別表第一 機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表
>
>種類 構造又は用途 細目 耐用年数(年)
>建物 鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄筋コンクリート造のもの 事務所用又は美術
館用のもの及び左記以外のもの 五〇
>住宅用、寄宿舎用、宿泊所用、学校用又は体育館用のもの 四七
>飲食店用、貸席用、劇場用、演奏場用、映画館用又は舞踏場用のもの  
>  飲食店用又は貸席用のもので、延べ面積のうちに占める木造内装部分の面積
が三割を超えるもの 三四
>  その他のもの 四一
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
BTパートナー
プロフィール

住宅の神様

Author:住宅の神様
1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格、土地家屋調査士資格、宅地建物取引主任資格者
が、貴方を笑顔で幸せの住宅に導きます。

リンク
まぐまぐの登録はこちら
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
14196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
461位
アクセスランキングを見る>>
ステップメールはこちら
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
アクセスアップはこちら
a href="http://123direct.info/tracking/af/246786/zHrhyMcx/" target="_blank">
行政書士、宅建、司法書士、土地家屋調査士
div style="width:150px;">
メルマガ購読・解除
 
建築基準法、超簡単入門
ツイッター・ビジネス活用セミナー
スピードリスニングはこちら
ツイッター
ツイッター
司法書士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。