スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日陰もの

今日は、日陰と日影の違いについてです。

建築基準法第56条の2に規定する日影による中高層の建築物の高さ制限
(以下この問において「日影制限」という。)について
同条に規定する地方公共団体の条例で指定する
対象区域の内外における適用に関する次の記述はだだしいか?

対象区域内の近隣商業地域内においては、建築基準法第59条の2
(敷地内において広い空地を有する建築物の延べ面積の敷地面積の割合等の規定に基づき、
特定行政庁が許可した建築物であっても、高さが10mを超えるものは日影制限が適用される。

さて、正解でしょうか?
特定行政庁が許可したんだからいいのか?

宅建の問題集からです。


ところで、
初心者のために

日影(にちえい)制限と読みます。
日陰(ひかげ)とはまったく別物ですよ。

 誰ですが、お隣に2階建がたって日陰になるとさわいで、役所を困らせているのは?

 基本的に軒の高さが7メートルを超えず、高さが10mを越えなければ、
どんな所でも、日影制限にはかかりません。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
BTパートナー
プロフィール

住宅の神様

Author:住宅の神様
1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格、土地家屋調査士資格、宅地建物取引主任資格者
が、貴方を笑顔で幸せの住宅に導きます。

リンク
まぐまぐの登録はこちら
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
8443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
293位
アクセスランキングを見る>>
ステップメールはこちら
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
アクセスアップはこちら
a href="http://123direct.info/tracking/af/246786/zHrhyMcx/" target="_blank">
行政書士、宅建、司法書士、土地家屋調査士
div style="width:150px;">
メルマガ購読・解除
 
建築基準法、超簡単入門
ツイッター・ビジネス活用セミナー
スピードリスニングはこちら
ツイッター
ツイッター
司法書士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。