スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋小路の敷地での建築基準法第43条の接道について

1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格者の
「歩く建築基準法」です。
貴方の建築基準法や耐震改修促進法、長期優良住宅等、
建築関連法規に関する
疑問、質問にお答えしていきます。

読者からこんな質問がありました。

袋小路の敷地での建築基準法の例外について教えてください!

実家の土地を生前分与してもらい新築を立てる予定ですが、
敷地が袋小路になっており、
私有地道路幅が3メートルしかありません。家を建てられるますか?

敷地についてご説明します。

縦に長い敷地の片面は線路沿いに面しています。

8メートルの国道に面した入り口幅4メートルから進入
私有地の幅3メートル×縦20メートルを通過し
袋小路の四角い土地が200坪あります。
敷地の奥半分100坪は実家の所有地で家が建っています。


今回手前の土地半分100坪に家を建てる予定です。

実家へと続く道を4メートル確保しての土地の使用は問題ないのですが
、この建設予定地までの進入路(幅3メートル×縦20メートル)の
通路部分について問題があるのかがわかりません。

進入路部分は現在手前側の土地に区分けされた土地となっています。

このような土地に家を建てることはできるんでしょうか?

わかりにくい説明で申し訳ありませんが、教えてください。
補足いたします。

3×20メートル部分は自分の敷地になっています。
家を建てる際には、手前の自分のところと、
奥にある家が共有して使う部分になりますが
何か問題あるでしょうか?

答えは次回に
あなたも考えてくださいね
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
BTパートナー
プロフィール

住宅の神様

Author:住宅の神様
1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格、土地家屋調査士資格、宅地建物取引主任資格者
が、貴方を笑顔で幸せの住宅に導きます。

リンク
まぐまぐの登録はこちら
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
7675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
262位
アクセスランキングを見る>>
ステップメールはこちら
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
アクセスアップはこちら
a href="http://123direct.info/tracking/af/246786/zHrhyMcx/" target="_blank">
行政書士、宅建、司法書士、土地家屋調査士
div style="width:150px;">
メルマガ購読・解除
 
建築基準法、超簡単入門
ツイッター・ビジネス活用セミナー
スピードリスニングはこちら
ツイッター
ツイッター
司法書士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。