スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で、確認申請て、出せるの?

歩く建築基準法です。

読者からこんな質問がありました。

幸男

図面を設計士にみてもらい、構造上問題ないように修正して、

諸図面や資料を用意すれば建築確認申請は通るのでしょうか?都市計画地内非線引き地域です。

都市計画地域内非線引⇒未線引地域をご存じなぐらいなので、本人申請は可能です。
  
ただし、建築士による場合と無資格者の申請による場合とでは、添附図書が異なります。

しかも、単体規定の審査が省略されません。

単体規定とは、例えば、構造的な安全性です。

ですから、

自分の建物の安全性を確かめるための構造をチェック

してもらうために計算書も添附しなければなりません。

また、採光といって、光がどれだけ、窓から入ってくるか
なども審査の対象です。

ところで、建築士が業として確認申請をだすには、資格をもっているだけではだめで

建築士の事務所登録が必要です。

参考

未線引地域とは、
用途地域(第1種住居専用地域⇒良好な住環境を守るべき地域、商業地域、工業地域など)

の指定のない地域を言います。
スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
BTパートナー
プロフィール

住宅の神様

Author:住宅の神様
1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格、土地家屋調査士資格、宅地建物取引主任資格者
が、貴方を笑顔で幸せの住宅に導きます。

リンク
まぐまぐの登録はこちら
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
7043位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
224位
アクセスランキングを見る>>
ステップメールはこちら
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
アクセスアップはこちら
a href="http://123direct.info/tracking/af/246786/zHrhyMcx/" target="_blank">
行政書士、宅建、司法書士、土地家屋調査士
div style="width:150px;">
メルマガ購読・解除
 
建築基準法、超簡単入門
ツイッター・ビジネス活用セミナー
スピードリスニングはこちら
ツイッター
ツイッター
司法書士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。