スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築基準法 用途変更

貴方の建築基準法や耐震改修促進法、長期優良住宅等、建築関連法規に関する
疑問、質問にお答えしていきます。

先日、なぜ、建物を増築も改築も、大規模の模様替えもしないのに
確認申請をしなければならないの?
という相談を受けました。

それは、こういう場合です。

(用途の変更に対するこの法律の準用)
第八十七条  建築物の用途を変更して第六条第一項第一号の特殊建築物のいずれかとする場合
(当該用途の変更が政令で指定する類似の用途相互間におけるものである場合を除く。)
においては、同条(第三項及び第五項から第十二項までを除く。)、
第六条の二(第三項から第八項までを除く。)、第六条の三(第一項第一号及び第二号の建築物に係る部分に限る。)、
第七条第一項並びに第十八条第一項から第三項まで及び第十二項から第十四項までの規定を準用する。この場合において、
第七条第一項中「建築主事の検査を申請しなければならない」とあるのは、
「建築主事に届け出なければならない」と読み替えるものとする。

いわゆる特殊建築物に用途変更をするで用途変更する部分の面積が100平方メートルを超える
場合は、用途変更の確認申請が必要です。

別表第一(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物で、
その用途に供する部分の床面積の合計が百平方メートルを超えるもの
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

最新記事
BTパートナー
プロフィール

住宅の神様

Author:住宅の神様
1級建築士、1級建築施工管理技士、建築基準判定資格、土地家屋調査士資格、宅地建物取引主任資格者
が、貴方を笑顔で幸せの住宅に導きます。

リンク
まぐまぐの登録はこちら
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
14196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
461位
アクセスランキングを見る>>
ステップメールはこちら
script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
アクセスアップはこちら
a href="http://123direct.info/tracking/af/246786/zHrhyMcx/" target="_blank">
行政書士、宅建、司法書士、土地家屋調査士
div style="width:150px;">
メルマガ購読・解除
 
建築基準法、超簡単入門
ツイッター・ビジネス活用セミナー
スピードリスニングはこちら
ツイッター
ツイッター
司法書士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。